多様化している葬儀

葬儀を必要とする人そうでない人

人間が死ぬとそれに伴ってその人とお別れをする儀式つまり葬式を上げる必要があります。必要があると書きましたが必ずしも葬式を上げることが必須ではなくこれは残された遺族あるいは故人の意思がどうであったかを吟味して、執り行うのかおこなわないのか遺族が決定することです。 また個人が信仰している宗教、あるいはその家で信仰している宗教により葬式を上げるのかあげないのかが決定されることと思います。 現在では斎場で焼骨をしてもらいそれを葬儀の代わりにする形や、家族葬という身近の近親者のみで行う葬儀も多くなっており、葬式の形もその家族により千差万別になってきています。また直接葬儀を行わずお別れの会という形で個人とお別れをする式も流行になっています。上記の式は一般的に普通の葬式を上げる形より安く行われ、その需要も近年多くなっています。 少子高齢化の影響で子供を持たない家も増え、自分がなくなっても葬儀を上げられない人も増えてきています。生前に自分の死後の、自分の亡骸の身の施し方も考えておく必要があるかもしれません。

社会が多様化すると葬式も多様化する

人間が生きているうちは様々な考え方が進歩発展の礎になるものですが、人間が死んだあとではどうしようもありません。せめて生前に自分が死んだあとどういう送り方をしてもらいたいのか残しておくというのも大切なのではないでしょうか。残された遺族にとっても反対にありがたいことなのかもしれません。以前は自分がなくなった後のことなど知らぬ存ぜぬという風潮で、死んだあとのことは無責任極まりない状態でした。残された家族もこれでよかったのかという思いが頭をよぎり悔いの残った葬儀を上げられた方も多数いらっしゃると思います。 生前から自分が死んだあとのイメージを作り、葬儀が必要であるか必要でないのかを含め書き記しておくことも必要だと思います。また自分の死後の葬儀に対して葬儀会社に相談に行くのもいい方法だと思います。