メリット

家族葬は参列数を抑えたこれからの葬儀形態

日本の葬儀は、故人の関係者を手広く集めた大規模なものが主流でしたが、昨今は近親者のみで行う家族葬に注目が集まっています。従来の葬儀は、故人の死後迅速に広範な準備を行う必要があり、喪主の負担が大きいのがデメリットでしたが、家族葬はそうした煩わしさもなく、ゆっくりと故人との最後の時間を共有することができるのです。 なお、家族葬自体も従来の葬儀と比べる費用面は相当安価ですが、昨今ではより手続きを省略した葬儀プランも登場しています。極端な例をあげれば、葬儀を行うことなく火葬場へ遺体を運ぶのみのプランなどです。 家族葬は現在葬儀の主流になりつつありますが、今後はこうした競合する葬儀形態の利用増加もある程度予想されているところです。

家族葬で葬儀を手軽に行う

これまで、葬儀といえばとにかくできるだけ多くの方に参列してもらい、大規模に行うものという認識が根強くありましたが、新たな葬儀の形として昨今注目を集めているのが家族葬です。家族葬は近親者など、限られた者にのみ参列してもらう小規模な葬儀ですが、それだけに喪主の負担が少なくて済むというメリットがあります。 また、用意する会場も参列者が限定されるため、小規模なものでよく、費用面でも負担が少ないという特徴もあります。最近は家族葬専用の斎場も次第に登場しており、その人気は拡大の一途をたどっています。 家族葬専用のプランを用意している葬儀会社も多くなっており、低価格で実施できるプランから、それなりに費用をかけたものまで多様なメニューとなっています。